<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
跪いて、永遠の愛を誓う。跪いて、永遠の愛を誓う。


夜光 花 著
竹書房 ラヴァーズ文庫
2006/7/22 発売
日常はつまらないことばかりで、何もかもが億劫だ…。橘グループの御曹司、雄太はその恵まれた環境に甘え、毎日を好き放題に遊び回っていた。そんな雄太を連れ戻しに来るのが父の秘書、古家孝彰。雄太は、冷たくいつも取り澄ましているこの男が大嫌いだった。2人は従兄弟だが、孝彰が同性愛者だと知った時から、雄太は孝彰を避けるようになった。同じような、家が金持ちの連中と粗悪な遊びを行い、ついに最悪な事件を起こしてしまう…。追い詰められた雄太を救えるのは結局孝彰だけだった。だが孝彰は事件を隠蔽する代わりに雄太にとって最も屈辱的な要求をしてくる…。衝突する激情と異常なまでの執着心。愛と下剋上の物語。

Amazon.co.jp:出版社/著者からの内容紹介より引用


※18歳以下の方、ボーイズラブに興味のない方の閲覧はご注意ください。(てか、表紙画像で既にアウトのような気がする……orz)
以下ネタバレ注意
巷で話題の(?)この作品。
実物を手に取ってみて…通販とはいえ、この表紙はのけぞります……さすが奈良さんだよ……最近特に肌色率が高いんですが…。
某サイトさんも書いておられましたけど、あまりあからさまの表現は気分良いものではありません。色っぽさを感じるかというと逆効果のような気がします。まあ話題性は高くなりますけどね。
昨今、893系とか内容がハードのものが流行っているように思われ、その雰囲気をダイレクトに伝える絵師さんということで、奈良さんの挿絵の御本をよく拝見するのですが…そんでもってつい手が伸びてしまうのですが……以前に比べると明らかに丁寧さが落ちてきてるような気がするのは気のせいでしょうか……。技術は向上してるんでしょうけど。
雰囲気のある絵を描かれる大好きな作家さんの一人なので、今後も活躍されることを願っているのですが、あまり多くの作品を手がけられてもイメージが定着しすぎて辛い部分もあり…難しいですね。

……と、絵師さんのお話からスタートしてしまいました。
肝心のストーリーのほうは…正直微妙です。
表紙の印象やら、裏表紙のあらすじやら、方々で書かれているレビューなどから受けた印象と、実際の作品内容がかみ合ってませんでした。決して悪い作品ではなかったのですが…期待していた方向とは微妙にずれていたって言うか……。
もっとハードな方向かと思っていたんですが、思ったほど…いえ、所々はハードなんですが……うーむ。ディテールはハードな内容が多いんですが、基本(根本)は青春モノによくある「我が儘な坊ちゃんの更正」のお話なんですよね……。そこに若干のラブ。
あとがきに作者さんも書かれてましたけど、奈良さんの表紙(ラフ?)を見て「ここまで凄くないんだけど…」「書き直したくなってきた…」のようなニュアンスの感想をもたれたとのことなんですが(決して否定的な意味ではなく、奈良さんの絵に見合う内容に出来たかなーというご本人の不安かと思われます)、正直そのように感じました。
かみ合ってないんですよねー。

もうひとつ、この作品に入れ込めなかった理由のひとつに、雄太が引き起こした最悪の事件というものがあります。
この真相は最後のほうまで判らないような描かれ方をしているのですけど、BL的にはありえないから、まあこれは孝彰の策略だろうなーとは思ったのですが、ことがことだけに、でもって種明かしがラストのラストなので、そこまで結構気分が萎えます。
本当だったらどうするんだろう…BLには珍しい不幸結末なんだろうか……と、先が読めない不安とでも言うのでしょうか。
この不安がいいほうに働けば、どんどん読み進めたくなる「良作」となるのですが(エス裂罅のような…)如何せんこの作品は気持ち悪さのほうが優位でした。
孝彰が雄太を好きなのか、犬としか見てないのか、イマイチ曖昧だったのも要因のひとつ。

で、どうなのよどうなのよと思っていたところに、最後の怒涛の展開。今までの流れから云ってこの展開の速さはないだろー!! ってくらい、速い展開でした。
あと文章の表現のしかたが若干私の好みとはずれていたのが残念。
雄太という名前も、彼の持つイメージから考えるとちょっと…意外かなと。雄太って…ワンパクな子供のイメージだからなー私にとって。これはまあ人それぞれだし、名前で年齢やら個性が決まるわけではないので、関係ないといえば関係ないのですが……。

あ、それと、BLでありがちな「なんて読むの?」的な名前が出てこないのは好印象。(作者ご本人の名前が一番読みにくかったって云うのはナイショ)
| [BL novels]夜光 花 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| - | - | - | |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://neige.jugem.cc/trackback/321
TRACKBACK