<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
渇望の部屋渇望の部屋
面白かったです

秀 香穂里 著
海王社 GUST文庫
2006/7/28 発売
挫折を知らないトップモデルの入江草一は、ある日一枚の服に魅せられる。そのブランドの専属になってやろうと自信たっぷりにそのデザイナー・椎名剛士の元を訪れた草一。しかし喜んで自分を受け入れてくれるだろうという思惑はことごとく裏切られ、椎名は傲慢かつ不遜な態度で草一のプライドを崩してきた。「きみの肌は感じると艶を増すな」採寸していた椎名に淫猥に身体を嬲られ、草一は屈辱を味わわされる。けれど草一の身体は心を裏切り、強く椎名を求めて―。

Amazon.co.jp : 出版社/著者からの内容紹介より引用


※18歳以下の方、ボーイズラブに興味のない方の閲覧はご注意ください。
以下ネタバレ注意
雑誌掲載の時点から結構好きな設定だったんですよね。
傲慢な草一が、徐々に素直でストイックに変貌していく様が妙に艶かしくて良い感じです。秀さんの作品って、書下ろしよりも雑誌掲載+その後のエピソードという構成のほうが実は好きかも。正直、そんな大きな事件が起こるわけでもないんだけど…というくらいのほうが読みやすいからかな。
書き下ろし部分も、ちゃんと事件が起こってて、でも二人がラブラブな感じで、読み応えがありましたー。今後にも展開できそうな感じなので、是非! 続編を待ってます!!
二人が愛し合いながらも、ある部分では闘うってのもいいですよね。

……うまく感想が書けない……さっくり読みすぎたのかもー。
| [BL novels]秀 香穂里 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| - | - | - | |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://neige.jugem.cc/trackback/322
TRACKBACK