<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
エス-咬痕-エス 咬痕(かみあと)


原作者 : 英田 サキ
発売元 : サイバーフェイズ
発売日 : 2006/02/25
キャスト :
椎葉昌紀>神谷浩史、宗近奎吾>小西克幸、永倉康介>黒田崇矢、小鳥遊真生>武内 健、篠塚英之>三木眞一郎 他
安東の死から3ヶ月。新たなエス・宗近との関係に身も心も深く沈み込んでゆく椎葉。明確な境界線を決められないまま迷い続ける椎葉に、上から命令が下った。
同じくエス工作に従事する同僚の刑事・永倉の援護。
冷酷に笑い、自身のエスに対しても横暴な態度をとる永倉の生き様に、理解に苦しむ椎葉。だが、やがてエスとの一線を越え、破滅へと向かう彼の姿を目の当たりにした時、椎葉はそこに重なるように見てしまう。
自分の明日を――…

サイバーフェイズ紹介文より引用

※18歳以下の方、ボーイズラブに興味のない方の閲覧はご注意ください。
以下ネタバレ注意
シリーズ2作目です。
かなり端折ってあるのですが、判りやすくまとめてあると思います。
ただ、前作同様、一瞬何をやってるのか判らない「間」とかがあって戸惑いました。その前後だけでも、もう少し判りやすい台詞回しにするとか、SEを判りやすく入れるとかしないと伝わらないかも。
手元に原作本がなかったので読みながら聞くってのはしてないんですが、そうでもしないと「?」というところが数箇所ありましたねー。でも他は良かったです。
特にこのシリーズは音楽の選曲が良い。合ってる! 今回は宗近と椎葉がおちゃらけながら椎葉の「SEXし慣れてない」考察をしゃべっているところの音楽が何となく笑えました。いいなあ……(*^_^*)。

そんでもって今回の主役(?)、永倉康介役の黒田崇矢さん。多少ぼそぼそ低くしゃべりすぎて聞き取りづらい場面もありましたが、総じてクールで、冷酷で非情な中にもすべてを投げ出したくても投げ出せ切れない永倉の葛藤、焦燥、絶望が良く伝わってきました。
初めてお声を拝聴したのですが、ちょっとファンになってしまいました。特にヘッドフォンで聞いていると耳元でずーーーっと囁かれているようで、テレます(←バカ)。
小鳥遊真生役の武内 健さんも微妙な感情をよく表現していたと思います。すっごい少年っぽい声でこられたらどうしよう…と思ってたのですが、そんなことはありませんでした。
篠塚英之役の三木眞一郎さんは相変わらず。優しげで涼やか。でも実は胸の内ではいろいろある…という役柄に次回作では大きく化けますので、今回は出番が少なかったですけど、次回が楽しみです。
出番が少なかったといえば、宗近奎吾役の小西克幸さん。最近ハマってる声優さんなので多く出演して欲しかったのですが、しょうがないですよね。でもその少ない中でも宗近の葛藤を演じきれてたと思います。カッコイイ〜♪
でもって、椎葉昌紀役の神谷浩史さん。美人受系はおまかせ☆って感じ? 膨大な台詞も感情豊かに上手くこなしてたし、椎葉の混沌がよく伝わってきました。
ホント、救われない。エスとしても男としても欲しがっちゃえばいいのに! と思いながら神谷さんの台詞に聞き入ってしまいました。
例の声が甲高くなるのはいつものことなのですが……今回もちょっと赤面しちゃったよ…。いやー、ありえない……orz
でもいっか。BLだし。「その」感じはちゃんと伝わってくるし。ってことで。

続編の原作も同時発売。多分これだけの人気作なので次回作もCDになると思いますが……願わくば初夏くらいに出てくれると嬉しい! です!
| [CD book]novels | comments(2) | trackbacks(0) | |
| - | - | - | |
COMMENT
はじめまして>凛さん TB、ありがとうございました[はーと] 凛さんの感想なども拝読し、わー同じコト考えてらっしゃるわー[ラブ]と嬉しくなり、TB返しをさせていただきました。 永倉の声、イメージどおり!って感じでしたよね。難しい役回りを演じてらっしゃる黒田氏に俄然興味が湧いてきました。 次回作はさらに重い内容なのですが、期待してしまいます。
| yuki@管理人 | 2006/03/02 1:12 PM |
はじめまして。 BLCD TBからやってきました〜 私も、黒田さんの永倉が期待以上にもよかったと思い、彼の声を聞いたのは初めてじゃないんですが、改めて魅力を知った感じです。 ほんと、次もCDになるとは思いますけど、早く出てほしいですね。 最後になる原作の4冊目、が秋頃の予定みたいなので、ほんと初夏くらいが丁度いいかも知れません。 では、お邪魔致しました。
| | 2006/03/02 1:02 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://neige.jugem.cc/trackback/329
TRACKBACK