<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
新譜☆執事の特権執事の特権
可もなく不可もなく

原作者 : 榎田尤利
発売元 : Atis collection
発売日 : 2006/08/28
キャスト:
乃木坂乙矢:野島健児、原田 仁:杉田智和、富益一蔵:堀内賢雄 他
「御主人様、一年三百六十五日二十四時間、私はあなたのそばでお仕えします!?」

潔癖症で人間嫌い、毒舌家で我侭で気分屋。おまけに独りよがりで神経質。
でも、眠っているときはさながら美貌の貴公子のような男。
それが、特別秘書兼執事候補である原田仁の主、乃木坂乙矢だ。
意地悪な旦那様と忍耐強い執事見習いの、前途多難な恋物語。

中央書店コミコミスタジオ紹介文より引用


※18歳以下の方、ボーイズラブに興味のない方の閲覧、また、ネタバレにご注意ください。
……著しく原作のイメージと異なりました……。
どうも私は、野島氏との相性が良くないようです。
人気のある声優さんですし、役柄によっては違和感なく受け入れられるのですが、どうも声質が苦手な模様。
特に、演技は…普通のところは良いんだけど、エチシーンは苦手かも。あまりに声だしすぎっつーか…いえ、声を出さないと話が進まないのはわかっているんですけど……聴いててちょっと恥ずかしいって云うか…や、こーゆーCDを恥ずかしがって聴いちゃいけないんでしょうけど。うーんうーん。
とにかくどうも……。
杉田氏の声は本質的には嫌いじゃないんですが、この原田というキャラのイメージとはちょっと違ったような…。
ただこの場合、私の持ってるイメージ自体が間違っているのかも。
私はもう少し落ち着いた雰囲気のある声を想像してたんですが、原作をよくよく読み返してみれば「体育会系」執事なんですよね…彼。であれば、OKかなー。
堀賢さんの富益は……若い! 若すぎる!!
上手いし、いい声なんだけど……もう少し年配の声のほうが良かったよー。声だけ聞いてると40代後半に…聴こえんこともない。

声のイメージはちょっと違ったかなーという感じを多く受けましたが、演出やら音楽やら、流れるような雰囲気はとてもよい作品だったと思います。多分聴き込んでいくうちに味の出る作品なんじゃないかなーと。

そうそう、例の「菜箸で…」のシーンは、音声で聞くとどうにもこうにもおかしくて、にやけました。読んだ時はそうでもなかったんだけどなー。
ひとつの萌ツボですv
| [CD book]novels | comments(0) | trackbacks(0) | |
| - | - | - | |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://neige.jugem.cc/trackback/391
TRACKBACK