<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
サイバーフェイズCD☆VIP -棘-☆VIP -棘-
可もなく不可もなく

原作者 : 高岡 ミズミ
発売元 : サイバーフェイズ
発売日 : 2006/07/25
キャスト:
柚木和孝:神谷浩史、久遠彰允:三宅健太、上総朋之:鳥海浩輔、谷崎仁志:成田 剣、宮原 肇:平川大輔、幸村 聡:古島清孝、他 他
……あの時、どうして自分を追いかけてきてくれなかったのか。
久遠の「本心」を知ること、彼に情を傾け身動きがとれなくなることへの恐怖。
そんな苦悩する和孝のもとにある日突然、押しかけるように一人の男が現れた。谷崎仁志――久遠の傍に仕える上総の、幼馴染みだという。成り行きで面倒をみることになった和孝だったが、何やら心の奥底に秘め、過ぎ行く時を待つように過ごす谷崎の姿に―――

叶わない夢ほど、甘く切ないものはない。

現実から目を背けないために、自分はなにをすべきか―――。
和孝は、少しずつ久遠との未来に向き合い始めていた。

中央書店コミコミスタジオ紹介文より引用


※18歳以下の方、ボーイズラブに興味のない方の閲覧、また、ネタバレにご注意ください。
買うかどうかずっと迷ってたんだけど、先日東京に行ったとき初めて入ったK-BOOKSで偶然見かけ、見かけたからには運命だろう…と、ゲットしてしまいました。

原作を読んだときも思ったけど、初作に比べるとちょっと展開や内容がぬるくて、気が抜ける感じなんだけど……やはりこのCDも原作のとおりの仕上がりでした。

神谷さんの演技はとても好き。
学園ヘヴンの女王様ともエスの椎葉とも大きく声が違うわけでもないのに、無理なく別人に感じれる。この和孝という個性を十二分に発揮してくれてると思います。

谷崎役の成田さん、かなりクセのある演技をする人だったんだな…。今まであんまりじっくり聴いたことなかったんだけど、びっくりしました。
ちょっと苦手かも。でも、ヘヴンアニメのときはそんなふうには思わなかったので、今回の役だけなのかなー。

久遠彰允役の三宅氏。他の作品であまりお目にかかったことないんだけど、低くて深い、いい声ですね。でも若干演技が薄いかな……ちょっと単調なところが多かったように思います。
和孝がなかなか煮え切れなくて「俺も気が長くなったものだ…」という台詞前の笑い声。この笑い方が久遠らしくなくて、ちょっと引いてしまいました。ごめんなさい。
あ、でも、ラストシーンあたりは結構好きだったかも。

原作もまだ続くという噂。
このドラマCDも続くといいなあ。神谷さんのやんちゃな声が聴ける作品なので今後が楽しみです。
| [CD book]novels | comments(0) | trackbacks(0) | |
| - | - | - | |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://neige.jugem.cc/trackback/422
TRACKBACK