<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
原作は「さほど悪いわけでもないけど素晴らしく好きってほどでもなく」という評価だったのですけれど、声優さんに惹かれて買っちゃいました。
いやはや、最近はひたすら平川さんラブはーとです。

ナレーションで物語が展開するというちょっと変わった手法ですが…これは…良い悪いは別として、妙に照れますな。飛田さんの声はステキだったんですけど。
平川さんの艶っぽい声もよかったんですけど、やはり賢雄さんのお声が最高にかっこよかったと思います。
評価:
ドラマCD
¥ 2,701
(2007-03-25)
Amazonおすすめ度:
「お前は俺に与えられた玩具だ」凪斗を平穏な大学生活から引きずり出し、監禁した男は言い放った。その男・角能は、岐柳組組長の隠し子である凪斗が跡継ぎ候補になったこと、凪斗のボディガードを自分が務めることを告げてきた。だが、冷めた目、嬲るような扱いは、凪斗を護る者のものとは思えない。そして凪斗は催淫剤のせいで浅ましく角能を求めてしまう。弄ばれるたび、凪斗は屈しまいとしていた心が壊されていくのを感じる。
Amazonより引用
| [CD book]novels | comments(0) | trackbacks(0) | |
| - | - | - | |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://neige.jugem.cc/trackback/439
TRACKBACK