<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
お久しぶりの続編です。
なかなか続きが出なかったのはやはり神谷さんの復帰を待っていたのでしょうか。それと、今回のフリートークで知ったのですが、このシリーズは作り方がしっかりしてて、掛け合い部分はなるべく一緒に録るというスタンスらしく、スケジュールを合わせて…とか細々したことをクリアしていったらこの日程になってしまったのかもしれません。
主役の神谷さんは3日間かかったそうですよ……。大変だなあ。
そう。今回は、「前編なのに」豪華2枚組み!! なんですよねー。確かにちょっとお高めでしたが…値段に相応した仕上がりだったと思います(*^_^*)。
皆さん思い入れも深いようで、「まだ続編がCD化されるとは決定してないけど、ぜひ最後までやり遂げたい」みたいな趣旨のことをしきりと云っておられました。
今回初参加の成田さんまでもがね。
読者からも愛されているこの作品を、声優さんたちも大切に思ってくださっているように感じられてすごく嬉しく思いました。作者さんが一番嬉しいのでしょうけども(*^_^*)。
さて、感想なのですが……多少ネタバレですので、続きに隠しておきます。
評価:
原作: 英田 サキ
CAST: 神谷浩史 (椎葉昌紀)
小西克幸 (宗近奎吾)
三木眞一郎(篠塚英之)
成田 剣 (五堂能成)
近藤孝行 (松倉東明) 他

¥ 4,935
2007/06/25
神谷さんは違和感なかったんですけど、どうも小西さんの宗近が性格が変わったように感じられて…最初違和感がありました。
一番最初の宗近と椎葉のシーンを聞きながら「何か違う」…と。聴き進んでいくうちにその違和感はなくなっていったのですが、あれはなんだったのだろう。
私としては、あの場面ではまだ椎葉も宗近もお互いがお互いを思い合っていると自覚はしつつも、それを表にはまだ出していないというふうに解釈していたのですが(私がそれを認識しただろうと思ったのは埠頭のシーン。遅すぎ?)、声優さん、特に小西さんはどうも全面的に甘さを出してしまわれていたように思われ…それで違和感があったのかも知れません。
これは原作の感じ方によって解釈が変わると思うので、しょうがないかなーとは思うのですけど。後半の話がどんどんシリアスになるにつけ、私の思っている宗近の心情のイメージと重なってきたので、その辺は「さすが小西さん、カッコイイー♪」となったんですけどね。
三木さんの「兄さん」はだんだんカッコよくなってきました! 最初はただ優しいだけのイメージだったのですけど、だんだん、だんだんと凄みが…!!
ただ、神谷さんとのインタビューで、こんな兄がいたら絶対嫌だと二人とも云ってらしたのが目から鱗でした。男性の視点から見るとそうなんだなーと。女性から見ると全てがわかってて、でも押し付けない優しさがあって…と、理想の「兄」なんですけどね……。
やはりBLって、女性向けなのね…。
初出演、五堂の成田さん、皆さんが云っておられるように、普通の演技の中に光る冷徹さがさすがでした。かっこよかったよ。ただ、まだ裂罅では五堂は気持ちを押さえてるので、次回、どう化けるのかが楽しみです。
あと、これは演出上そうなったのかもしれないんですけど、エンディングが残光の冒頭部分にまで及んでいました。銃を手に入れて乗り込むところまでね。
ちょっとびっくり。

2枚組みって、原作がいくら良くても演出次第では間の抜けた感じになってしまってだらけることもしばしばなんですが、この作品はそんなことはなかったように思います。
ま、多少は盛り上がりに欠けるかなあというところもあったんですが……てか、部分的には急ぎ足過ぎるんじゃ…? というところもあればここはだらけるなあという部分もあり、それはまあしょうがないかなと。

そうそう。
最後のフリートークで、小西さんが「宗近ムネオ」と云っていたのを、神谷さんがぼそっと「宗近奎吾」と云い直していたのが可愛かったです。小西さんはそのまま突っ走っちゃったけどね(*^_^*)。
あんまり、ファーストネームで呼ばれないからなあ…宗近……しょうがないか。
| [CD book]novels | comments(2) | trackbacks(0) | |
| - | - | - | |
COMMENT
tatsukiさん、こんばんは!
お久しぶりです♪

私もまだ1回聴いただけなので、印象はこの後変わってくるかも知れないんですが…
一番最初の印象というのも大切かもね…と思ってアップしました。
確かに2枚組みになったことによって、演出に余裕があったように思います。
でも突然話が進んでしまうようなシーンがあって、あれっ?と思ったり。
不思議な感じでした。

【残光】は…んん、微妙ですね。
ゆとりある演出をして欲しいので2枚組みでも良いかと思いつつ、
1枚に収めることによるテンポアップした演出にも惹かれますね。

そういえば今日、パイレーツオブカリビアンを見てきたのですが、
「お譲ちゃん」が「ポピー」だったのですね。
……つい、椎葉(神谷さん)に
「ポピー」と云う宗近(小西さん)を想像してしまいました(笑)。
| yuki@管理人 | 2007/06/28 12:08 AM |
こんばんは、yukiさん。
とってもとっても、お久しぶりです♪
私も昨日、ダダッとこのドラマCDを聞きました!
ただ、併せて『DEAD SHOT』の方読んでいたりして、集中していたとは言い難いので、自分のトコロの感想は取りあえず見送ってます(笑)。
今までは、1枚に無理やり収めていたところがあったので、今回のシナリオには幾分ゆとりを感じましたねー。
でも、『残光』は発売するにしても、1枚の尺で収めて欲しいかな?
ドラマCDの面白いところは、フリトで作品に対する男性の視点(or解釈)が加わるトコロにもあったり。
まあ、お仕事ですから下駄を履かせている部分もあるのでしょうがね(笑)。
役柄をどう解釈し演じるかという点を割と真面目に詳しく語って下さるのも、このドラマCDの醍醐味かもしれませんネ。
ではでは!
| tatsuki | 2007/06/27 9:11 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://neige.jugem.cc/trackback/456
TRACKBACK