<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
少し反則な理由で買い求めました。
…いや、ワタシ的には良くあるんですが、今月発売のドラマCDのサンプルを聴いて興味が湧き、とりあえず原作を読んでから…ということで。
編入生の村生春実は、上級生の朝水志貴にケガをさせてしまい、罰として毎朝身支度の手伝いをすることに。志貴はソルトラムと呼ばれるグループのメンバーで下級生の憧れの的。春実はそんな志貴に何かと構われ、嫌でも目立ってしまうのだった。ある日、この学院の秘密の伝統行事『子羊狩り』が開始される。今年の『子羊』に選ばれた春実は狙われはじめるが―。
完結してるらしいので、いっそシリーズを揃えてやろうと3冊同時購入。
一気読みしました。

……2〜3年前ならかなりハマっていたと思います。
当時は学園モノとか青春モノにハマっていたので。…明神さんのイラストが異様に流行っていた頃ですね。。。
ただその頃から「全寮制」モノはあんまり好きではなく……だって「世の中全員ホモ」なんだもん。先輩後輩入り乱れてカップルができまくる世界ってどうよ! と、妙に醒めてしまって。
で、この作品も結構その傾向にあります。「全寮制」ってところで、もうその方向にしか話が進まないんですよね…しょうがないけど。しかも「子羊狩り」……屠るってどうよ……妙にキリスト教のエッセンスがちりばめられているのも、ハタと我に返ってしまうのですけど……。

だからといって面白くなかったか…というとそうでもありませんでした。
や、充分面白かったです。
この作家さんは初めてだったのですが、読みやすい文章ですんなり読破できました。
何といっても、3作で終わっているのがいい。
某「全寮制」シリーズは(多分)作者本人にも収拾がつかないほど長編化してしまい、その上終わるのかどうかもわからない状況になっていたりしますし…。
長編化するとよっぽど作者に力量がない限り、絶対尻すぼみで終わってしまうので、潔く自分の書きたいところまで書いたらさっくり止めるのがベストだと思っているのです。

この作品はその点だけでも評価したいくらい、いさぎよい。(や、もちろん他にもいい点は多数!!)
後から番外編などを出そうと思えば出せるスタンスってのもいい。
話的にはゴシックが一番好きだけど、ルネッサンスを読んでからもう一度ゴシックを読むとそれはそれでまた萌え要素が増えたりします。
成就するまではどの作品も結構大変なのですが(いろんな意味で)、結局最後はラブラブハッピーエンドなので安心できますよね。

……そんでもって本末転倒のドラマCDなのですが…まだ悩んでます。
2枚組だしなー…。
全寮制櫻林館学院~ゴシック~ ドラマCD
| [BL novels]雪代 鞠絵 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| - | - | - | |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://neige.jugem.cc/trackback/462
TRACKBACK